夢のフランチャイズ01 夢のフランチャイズ02 夢のフランチャイズ03

山あり谷あり

独立してコンビニを始めてみたい、という人におすすめなのがミニストップのフランチャイズです!サポートも充実しているので、ノウハウが無くても安心です!

経験が浅くても何かを成し遂げてみたい方にはFCのコンビニをお薦めします。そこで経験やノウハウを蓄積して新しいことに挑戦していくことが大切ではないでしょうか。

資金なし、人脈なし、これといった資格なし。
こんな自分ではあるが、今でも社長になりたいという夢を諦めてはいない。下働きの現状から脱出するためには、フランチャイズしかないと思った。独立をしたいとはかねがね思っていた。が、フランチャイズというのははなはだ盲点であった。

フランチャイズは、低資金で開業できるものがわんさかある。ごく一部とは言わない。わんさかあるのだ。むしろ、低資金で開業できるものばかりだと言ってもいいだろう。だからこそ、今の時代に追い風を受けている経営方針だと言えるだろう。
企業をしようと思う時、だいたいどれくらいあれば開けられると思うだろう。どんぶり勘定ではあるが、1000万円は欲しいと思う人もいるかもしれない。だが、フランチャイズはそんな大金は必要ない。究極を言えば、開業資金が0円からでもフランチャイズできる業種もあるからそういうところを選んで開業したっていいだろう。0円だとさすがに・・・と思う人は、50万円からでも起業できる業種もあるので探してみたらどうだろうか。

低資金から始められる経営は、一種の革命だと言える。大きな革命だって、最初は小さな一声から始まったはずだ。であるから、今は何店舗もチェーン展開している企業だって、山あり谷ありでここまで大きくなったはず。なので、やってみたい仕事と開業に必要な資金さえあればすぐにでも社長になれる時代なのである。下働きから脱出するには、この方法しかないんじゃないかと思ったくらいだ。
知識はただでは手に入らない。だが、すでに出来上がっているノウハウを伝授してもらえるのがフランチャイズである。今はフランチャイズでも、働きながら自分オリジナルのブランドを立ち上げることだって夢じゃない。低資金から始める経営で、誰よりも早く社長目線を手に入れよう。